お金の節約について~固定費の見直しで大幅な節約が見込めます~

お金の節約と言うと主婦が一生懸命になってする事というのが真っ先にイメージされがちです。
電気ガスなどの光熱費や、食費と言ったいわゆる生活費を削減して費用を減らそうと言う物です。
この方法は家族の協力が必須となり、お金の節約のなかでも長期的に続けていく事に労力を要します。
勿論間違っていると言う訳ではありません。
家族が一つになれる良い方法である事と共に、エコにつながると言う良い面もあります。
しかし、これだけでは削減できる額にも限界がありますのでお金の節約という面でそれだけの効果があるか…といったところもあります。
あまり削り過ぎると生活が窮屈になってしまうと言うのも事実です。
では、この方法以外に家計を助ける節約法はどの様な物があるでしょうか。
そう考えた時に気付くのは収入として入ってきたお金は大きく2つに分かれていると言う事です。
先に説明した生活費等は流動するお金、もう1つはローン等の固定費です。
固定費に含まれるのは住宅ローンやカーローン、保険などがありますが額の大きい物が多いです。
この固定費の部分を見直すと大幅に費用を削減することが可能なのです。
解りやすく住宅ローンを例に挙げて説明してみます。
ローンを組む際は誰でも必ず利子がかかりますが、今借りている金融機関より安い利子の金融機関に借り換えをする事で、この先ずっとかかるローンの負担を少しでも軽減する事が出来ると言う事です。
この場合手数料や諸経費も必要になってくるので良く調べた上での検討が必要ですが、長期的にかつ普段生活している時は労力の必要ない節約法として覚えておくと良いでしょう。

ポイントカードは主婦の強い味方

企業が給与をベースアップするという時代にもかかわらず、零細企業はその波に乗れないという事実があります。
給与面が良ければ、消費税アップをされても無理なく暮らしていけます。
ですが、たいがいの家庭はそうではありません。
家計は火の車になりつつあり、主婦は節約に励んだり、パート時間を延ばさなければならなかったりという実態があります。
とはいえ、女というのは強いもので、主婦が買い物をする際に活用しているのがポイントカードです。
今やこのポイントというのが買い物において重要な役割を果たしています。
ポイントを貯めることで現金として活用できるからです。
例えば電子マネーを使ってお会計をすれば貯まります。
その貯めた分で、お買いものをすることが出来るのです。
またポイントカードを独立した形で付けている専門店もあります。
ショッピングモールではお馴染みのカードですが、スタンプが貯まればその店が指定した金額で買い物ができ、さらに電子マネーで支払えば、二重でポイントが増えます。
上手に活用することで、ダブルでお得なポイントとなるのです。
今や企業も顧客の獲得のため、ポイントカードを出すことに努めています。
企業と消費者のニーズが一致したものが、ポイントなのです。
またポイントを貯めて、へそくりとしても活用してもいいのではないでしょうか。
上手に使用することで、自分へのご褒美ともなりますので、貯めるのも楽しくなっていくでしょう。
楽しくて、そして家計のお助けにもなるのがポイントです。